コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

32GBの壁 さんじゅうにぎがばいとのかべ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

32GBの壁

97年前半までに出荷されたウィンドウズパソコンでは、2GBを超える領域を1つのドライブとしてフォーマットできなかった。しかし、ウィンドウズ98にアップグレードすれば、8GB程度まで(IDEドライブの場合)のドライブをフォーマットできる。8Gバイトを超える場合は、パソコン本体のBIOSが8GB以上のIDEハードディスクに対応している必要がある。98年以前に発売されたパソコンでは対応できないことが多い。その場合、本体のBIOSのバージョンアップなどで対応できる場合もある。1999年以降に発売されたパソコンの多くは8GB以上のIDEハードディスクに対応済みだ。また、最近では32GB以上のハードディスクが使えない問題。大容量ハードディスクの登場で、ハードディスク交換は手近なアップグレードとなったが、1999年中に発売されたパソコンのほとんどは32GB以上のIDEハードディスクを認識できない。認識できるパソコンでフォーマットしてから接続すると認識できる場合もあるが、30GB以下のハードディスクを使うのが無難。本体のBIOSを対応済みのバージョンにアップグレードするか、ウルトラATA66カードを利用することでこの問題を回避できる。しかし、BIOSアップデートはパソコン本体メーカーによって行っていない場合があり、ウルトラATA66カードは他の周辺機器(SCSIカードなど)との相性の問題もあり、確実というわけではない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android