モード(読み)もーど

  • Maude, Cyril Francis
  • mode
  • フランス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

値統計処理における代表値のひとつ。複数の数値の集合で、もっとも出する値のこと。代表値作業状態作業状態を表す用語。たとえば、ワープロソフトでは上書きモードと挿入モードの2つのモードを使い、入力の方法を切り替えられる。上書きモード挿入モード

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

方法。様式。形式。「エアコンの除湿モード
シーズンに先がけて作られたファッション。「ニューモード
音楽で、旋法。音階。中世ヨーロッパでは、リズムの特定パターンを意味することもあった。
統計の度数分布表で、度数の最も大きい数値、あるいは、階級値。最頻値。並数(なみすう)。
(比喩的に)そのような気分・状態。「仕事モード」「お疲れモード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

岩石の実際の鉱物組成を,重量比または容量比で測定した定量的な表現[Cross, et al. : 1902].岩石のモードの測定は歴史的に様々な方法が行われ,鉱物重量比で表す方法と鉱物容量比で表す方法があるが,現在では薄片を用いて測定する方法(鉱物容量比)が最もよく行われている[Rosiwal : 1898, Shand : 1916, Chayes : 1949, 1956].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

最頻値または並数ともいう。母集団でもっとも頻繁に生ずる値。単峰な母集団分布では密度関数の頂点を与える値で直観的にわかりやすく,平均や分散とともに母集団の特性を表す母数の一つとして用いられる。標本度数分布の場合にも度数最大に対応する観測値をモードという。ヒストグラムの場合は度数最大のクラスの代表値をモードという。【広津 千尋
ラテン語のモドゥスmodusに由来し,方法,様式,形式などを意味する。今日では服装についても使われるようになり,・ラ・モードà la modeといえば流行の様式のことを指すようになった。英語のファッションとほとんど同義である。また服装についての新しい型を発表することを,フランス語ではコレクションというのに対し,英語ではファッション・ショーといい,日本でもファッションの語が一般に言いならわされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

(ファッションの)流行。 秋の- -雑誌 ニュー
様式。形式。方法。
旋法。調。音階。
統計資料で、最もしばしば表れる数値。度数の最も多い数値・階級値。最頻値。並数なみすう
状態。態勢。 仕事-に入る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1862.4.24. ロンドン
[没]1951.2.20. デボンシャー,トークウィー
イギリスの俳優,劇場支配人。 1884年アメリカでデビュー,86年帰国し,95年『第二のタンカレー夫人』のドランメル役で成功。後年は『ペール・ギュント』などの映画にも出演。 96~1905年ヘイマーケット劇場の共同支配人となり,妻エメリーの主演作品などを上演,また長年ロイヤル演劇アカデミー校長をつとめた。著書に『ヘイマーケット劇場』 The Haymarket Theatre (1903) ,『シリル・モードの舞台裏案内』 Behind the Scenes with Cyril Maude (27) などがある。
服飾用語で,流行,型を意味するフランス語。複数形で流行の婦人服,子供服として使われる。アメリカや日本の一部では,ファッションのなかでの特定のものをさす場合もある。たとえばオートクチュールのスタイルをパリモードといい,これに対して,一般大衆化した流行をファッションという場合などである。

マティルダ」のページをご覧ください。

最頻値」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (mode)
① 様式。方式。形式。〔新しき用語の泉(1921)〕
② シーズンに先がけて創作されたファッション。また、ファッションの流行の型。
※銀座細見(1931)〈安藤更生〉二「彼女達のモオドに対する感覚は常に新聞記事より一歩遅れてゐる」
③ ラテン詩の韻律にもとづくリズム。モード記譜法。
⑤ 統計資料の代表値の一つ。度数分布表で度数の最も多い値のこと。最頻値。並数。〔改訂増補や、は便利だ(1918)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のモードの言及

【ファッション】より

…フランス語のfaçonからきていることばで,もののやり方を意味していた。フランスではモードmodeということばを使っている。服のつくり方,着方,その流行といったものをあらわすようになるのは16世紀以後で,ルネサンス期から,服装についての関心が高まったことを示している。…

【モード】より

…ラテン語のモドゥスmodusに由来し,方法,様式,形式などを意味する。今日では服装についても使われるようになり,ア・ラ・モードà la modeといえば流行の様式のことを指すようになった。英語のファッションとほとんど同義である。また服装についての新しい型を発表することを,フランス語ではコレクションというのに対し,英語ではファッション・ショーといい,日本でもファッションの語が一般に言いならわされている。…

【ファッション】より

…フランス語のfaçonからきていることばで,もののやり方を意味していた。フランスではモードmodeということばを使っている。服のつくり方,着方,その流行といったものをあらわすようになるのは16世紀以後で,ルネサンス期から,服装についての関心が高まったことを示している。…

【服装】より

…また50年には繊維産業の復活でギンガム,エバーグレーズなど新しい服地が生まれ,51年には国産のナイロン・ストッキングが売り出された。50年代からフランスのモード界との交流が盛んになりはじめ,日本にも紹介され,ファッション・ショーの開催,そしてファッション・モデルが誕生する。また《赤い靴》や《麗しのサブリナ》など映画のファッションがとり入れられ流行した。…

※「モード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モードの関連情報