コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンプロン・トンネル Simplon‐Tunnel

世界大百科事典 第2版の解説

シンプロン・トンネル【Simplon‐Tunnel】

スイスのブリークとイタリアのイゼーレ間にある並列した2本の単線型鉄道トンネル。1898年着工し,工事中の換気,湧水処理,事故時の対策に役だつように,お互いの間隔が17mで200mごとに連絡坑をもつ先進導坑(幅3.4m,高さ2.4m)2本を掘削し,うち1本を拡幅し1906年に完成させた。延長は19.803kmで,アルプスのレオネ山の山腹を貫くため土かぶりも2150mと厚く,地質は片麻岩で硬く,強大な地圧,山はね(岩片が飛び散る現象),最高56℃の地熱,温泉,大湧水(800l/s)などに遭遇し,工事は難航した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシンプロン・トンネルの言及

【トンネル】より

…当初は50年かかっても不可能といわれていたこの事業は,57年に予定工期25年で起工にこぎつけ,13年という一般の予想を大幅に覆す短い工期で71年には開通を見ることができた。これが刺激となって,この後ヨーロッパをはじめ世界各地で,大小の鉄道トンネルが計画,実行され,各種の技術の改良が進み,ザンクト・ゴットハルト鉄道トンネル(スイス~イタリア,全長15km,工期1872‐82)や,シンプロン・トンネル(19.8km)など,数々の新しい記録がつくられていった。 モン・スニ・トンネルの開通した71年は,日本最初の鉄道が新橋~横浜間に開通した年である。…

※「シンプロン・トンネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シンプロン・トンネルの関連キーワードアペニノ・トンネルアルベルト ハイム大清水トンネル恵那山トンネル清水トンネルレッチェン峠シンプロン峠

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android