コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリーク ブリーク Brig

翻訳|Brig

2件 の用語解説(ブリークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリーク
ブリーク
Brig

スイス南部,バレー州の町。ローヌ河谷の中にあり,グリムゼル峠およびフルカ峠を経てスイス東部へ,またシンプロン峠,同トンネルを経てイタリアへ通じる道路ならびに鉄道交通上の要地。中世にはシオン司教領に属し,イタリアとの交易の中心地としてにぎわった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリーク
ぶりーく
Осип Максимович Брик Osip Maksimovich Brik
(1888―1945)

ソ連の文芸理論家。モスクワ大学を出て、1915年ごろから詩人マヤコフスキーの友人、理論的支持者になった。ロシア・フォルマリストの「オポヤーズ」(詩的言語研究会)の首唱者の一人。主著はプーシキンレールモントフの言語構造を分析した『音の反復』(1919)とその続編『リズムシンタクス』(1927)など。マヤコフスキーと雑誌『レフ』(1923~25)、『新レフ』(1927~28)を出し、「事実の文学」「社会的注文」などのスローガンを唱えた。ほかに映画『アジアの嵐(あらし)』(1928)、『イワン雷帝』(1941)その他のシナリオを書いた。夫人リーリャとマヤコフスキーの恋愛関係は有名。[小笠原豊樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリークの関連キーワードローヌ川アニビエ谷エッギスホルンクロイツボーデンハンニックミッテルアラリンレングフルーバレエ・ド・ロレーヌロレーヌ・バレエ団ローヌ[川]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリークの関連情報