コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導坑 どうこうpilot tunnel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

導坑
どうこう
pilot tunnel

大断面の坑道トンネルを掘進する場合に,初めからその全断面や半断面を掘削しないで,まず小断面の坑道を掘進し,これを切り広げる方法がとられることがある。この小断面の坑道を導坑という。導坑は,完成時のトンネルの断面に対する掘削の相対位置によって,頂設導坑,底設導坑,側設導坑,中央導坑に分けられる。また導坑からの切り広げや,覆工施工の順序や方法は国により異なるので,それらの工法が発達してきた国名を取って,ベルギー式,日本式,アメリカ式,イタリア式,オーストリア式,ドイツ式などに分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐こう〔ダウカウ〕【導坑】

トンネルを掘削するにあたって、全断面のうちの一部に先に掘った小さな坑道。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうこう【導坑】

トンネル掘削の際、全断面掘削に先立って掘る小さな坑道。地質・方向・高さなどの予備調査を兼ねる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

導坑の関連キーワードシンプロン・トンネルモファット・トンネル丹那トンネル関門トンネル関越トンネル青函トンネル仙山トンネル全断面掘削予備調査地質

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android