シン・アラハン(英語表記)Shin Arahan

世界大百科事典 第2版の解説

シン・アラハン【Shin Arahan】

?‐1115?
ミャンマー僧侶。モン(タライン)の都タトンからパガンへ来て,ミャンマー統一の始祖アノーヤター王をアリーと呼ばれた僧侶らによる秘儀的な教えにより南方上座部(小乗)仏教に改宗させ,ミャンマー仏教興隆のを築いた。王師として仏舎利経律論の三蔵を得るため,アノーヤター王のタトン征服(1057)に端緒を与えた。彼の師はシーラブッディ,またはアディシーラカーラと伝えられ,パガンにやって来るまでの比丘名はダンマダッシーであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android