僧伽(読み)ソウギャ

大辞林 第三版の解説

そうぎゃ【僧伽】

samgha の音訳〕
〘仏〙 仏教修行者の集団。僧侶の集団。広義には、在家を含む仏教教団全体をいうこともある。和合衆。和合僧。僧祇そうぎ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の僧伽の言及

【サンガ】より

…なお,サンガという語は経済的には商人や職人の〈組合〉を意味する。また仏教ではこの語を〈教団〉の意味に用い,漢訳仏典では〈僧伽(そうぎや)〉と音写される。三宝の一つ〈〉はその略である。…

【僧】より

…とくに男性を僧とよぶのに対し,女性は(あま)とよび,あわせて僧尼ともいう。〈僧〉とはサンスクリットのサンガsaṃghaに対する音写語で,僧伽(そうぎや)とも書き,衆,和合衆と訳す。サンガは元来,集団,共同体の意味で,修行者の集り,教団を指すが,中国では転じて個々の修行者を僧とよぶにいたった(その複数形をあらわす僧侶もまた,日本では個人を指す語に転化した)。…

【大乗仏教】より

…悟りを求める者)を理想的な人間像とみなし,またこの運動に邁進する者を,老若男女を問わず,〈菩薩〉と呼んだ。その信仰集団は,在来の出家者中心の教団である〈僧伽〉(サンガsaṅgha)に対して,〈菩薩ガナ〉(ボーディサットバ・ガナbodhisattva‐gaṇa)と呼ばれる。 彼らはやがて,自らの思想を表明する手段として,新しい経典を次々と作り出していった。…

※「僧伽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android