コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーチヤチョワン(石家荘)特別市 シーチヤチョワンShijiazhuang

1件 の用語解説(シーチヤチョワン(石家荘)特別市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーチヤチョワン(石家荘)〔特別市〕
シーチヤチョワン
Shijiazhuang

中国華北地方,ホーペイ (河北) 省の省都。省の南西部にあり,6つの市区と4県から成る。タイハン (太行) 山脈の東麓にあり,ニヤンツー (娘子) 関を越えてシャンシー (山西) 省に出る交通の要地。漢代から石邑県がおかれたが,地方的な物資の集散地であった。 20世紀初頭にチンコワン (京広) 鉄道とシータイ (石太) 鉄道の交点となり,ホワペイ (華北) 平原とシャンシー省,シェンシー (陝西) 省を結ぶ物資の集散地として急速に発展。日中戦争の頃にはシートー (石徳) 鉄道も敷設され,中国有数の交通センターとなった。綿作地帯の中心にあるため,多数の近代的な綿紡織工場が建設されたほか,西方にチンシン炭鉱を控え,自動車トラクタディーゼルエンジン工作機械などの機械工業も急速に発展している。人口 292万 1431,うち市区人口 139万 206 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone