コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーニェプ Si Nhiep

世界大百科事典 第2版の解説

シーニェプ【Si Nhiep】

187‐226
2~3世紀,交趾郡(ベトナム北部)を支配した中国人太守。シーニェプは日南郡の太守の子で,後漢末に交趾太守に任ぜられたが,中央の乱れに乗じて,一族を合浦,九真(タインホア),南海(広東)の太守とし,半独立の体制をつくった。三国時代には呉に服属したが,この間40年にわたって合浦以南の平和を保ち,このため戦乱を避けた中国文化人が盛んにこの地に集まった。彼の死後,呉はシー一族を倒して,再び中国の直轄植民地とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シーニェプの関連キーワード人身売買罪ラジウム曹丕文帝曹丕文帝[魏]ラジウムアルダシール1世ササン朝セレウコス2世

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android