日南郡(読み)にちなんぐん(英語表記)Ri-nan-jun; Jih-nan-chün

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日南郡
にちなんぐん
Ri-nan-jun; Jih-nan-chün

中国,前武帝が元鼎6 (前 111) 年に嶺南の南越国を征服したのちに設置した中国最南端の。その境域は北はベトナムのドンホイ付近から南はコル・デ・ニュアージュ (海雲関) 付近までを含み,中心地はユエ (順化) 付近であったらしい。この郡の最南の県が象林県で,後漢末ここを中心にチャンパが独立し,以後十数世紀間,インド的国家として繁栄をとげた。日南郡の名は隋代まで続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる