シーボルトコギセル(英語表記)Phaedusa sieboldii; Siebold door snail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーボルトコギセル
Phaedusa sieboldii; Siebold door snail

軟体動物門腹足綱キセルガイ科。高 1.8cm,殻径 0.4cm。殻は左巻き紡錘形,黒紫色で縫合の下は淡色。螺層は約 10階。成長脈は多少粗い。殻口は卵形,白色で厚く,2つのひだがある。陸生で,おもに九州,四国西部,山口県に分布するが,伊豆半島東部と新潟県能生 (のう) にも飛び石的に分布する。クスノキに好んですむ。長崎で P.シーボルトが発見し命名された。山口県下関市にある住吉神社の蜷替 (になかえ) の神事の本尊がこの貝で,かつて神木楠にすむこの貝を肌身につけて旅立ち,帰ると元に返すお守りの風習があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android