コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジアゾメタン diazomethane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジアゾメタン
diazomethane

化学式 CH2N2 。黄色の気体沸点-23℃,融点-145℃。きわめて有毒で,爆発性もある。エーテルなどの有機溶媒可溶カルボン酸と反応してメチルエステルを,またフェノール類と反応してメチルエーテルを比較的低温 (35℃以下) ,高収率で生じるので,有機化学反応試薬に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジアゾメタン【diazomethane】

H2CN2の化学式をもつ,非常に有毒な爆発性の黄色気体。融点-145℃,沸点-23℃。次のような共鳴混成体として表されると考えられる。アシル化あるいはスルホン化されたN‐メチル‐N‐ニトロソアミンCH3N(NO)Rと塩基の反応で合成されるが,現在はRがp‐トリル基のSO2C6H4(p‐CH3)のものが最もよく用いられる。エーテル,ジオキサンに可溶で,通常エーテル溶液として用いられる。エーテル溶液は,低温では比較的安定であるが,水,アルコールが混在すると分解が速い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ジアゾメタンの関連キーワードアルント=アイシュテルト合成メチルニトロソウレアジアゾ化合物エステル化アルキル化メチレン基メチル化カルベン