コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジアノツティ病 ジアノツティびょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジアノツティ病
ジアノツティびょう

乳児期にB型肝炎ウイルスに感染したときの病型の一つ。四肢末梢 (上肢なら肘より先) 伸側に,赤みを帯びた褐色の発疹 (はっしん) が認められる。顔,尻に見られることもあるが,体には発疹を見ない。大きさは直径 3mmぐらいである。黄疸 (おうだん) はないが,肝臓がはれ,肝機能検査では異常値が出る。発疹は3,4週間続いた後,消失する。一般状態はよいが,予後は慎重な追跡を必要とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジアノツティ病の関連キーワード乳児期

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android