ジェウデト・パシャ(英語表記)Cevdet Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

ジェウデト・パシャ【Cevdet Paşa】

1822‐95
オスマン帝国のタンジマート期を代表する政治家,歴史家。ロフチャの生れ。イスタンブールでイスラム諸学,および数学・地理学等,西洋の新知識を併せ学ぶうち,1845年ムスタファ・レシト・パシャに見いだされて官界に入り,以後,不遇時代もあったが,学術協会委員,文部大臣,国家会議委員,法務大臣内務大臣等の要職を歴任した。新民法制定問題に対しては,シャリーアの新たな法典化を主張して《民法典》を編集。著書《ジェウデトの歴史》《ジェウデトの覚書》《陳述》等は,タンジマート期を含むオスマン朝史の重要な史料とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android