コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェブツンダンバ・フトゥクト ジェブツンダンバ・フトゥクトRjebtsun dampa Khutughtu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェブツンダンバ・フトゥクト
Rjebtsun dampa Khutughtu

外モンゴルの宗教的首長,ゲルク派チベット仏教の活仏に対する法号。第1世 (1635~1723) はハルハのトゥシエト・ハン (土謝図汗) ・ゴンボの次子で,1688年のジュンガルのガルダン (噶爾丹) の外モンゴル侵入に際して内モンゴルに避難,清の康煕帝に忠誠を誓った。第8代 (1870~1924) は 1911年ハルハの王侯を率いて清朝から独立,モンゴルのハン位についてボグド・ゲゲン・ハンと呼ばれた。 21年スヘバートルが人民革命政府をつくったあともボグド・ゲゲン・ハンは存在したが,24年5月 20日に死ぬと,6月 13日モンゴル人民共和国の成立が宣言され,同時にジェブツンダンバの転生も禁止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジェブツンダンバ・フトゥクトの関連キーワードエルデニイン・エリヘ

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android