転生(読み)てんしょう

精選版 日本国語大辞典「転生」の解説

てん‐しょう ‥シャウ【転生】

〘名〙 (「しょう」は「生」の呉音) 生まれかわること。転じて、環境や生活を一変させること。てんせい。
※抒情歌(1932)〈川端康成〉「転生(テンシャウ)をくりかへしてゆかねばならぬ魂はまだ迷へる哀れな魂なのでありませう」

てん‐せい【転生】

〘名〙 生まれ変わること。次の世で別の形に生まれ変わること。輪廻(りんね)。また、環境や生活を一変させること。てんしょう。
※読本・英草紙(1749)三「才学を以て転生(テンセイ)する者なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「転生」の解説

てん‐しょう〔‐シヤウ〕【転生】

[名](スル)生まれ変わること。転じて、環境や生活を一変させること。てんせい。「輪廻(りんね)転生
「新しいもっと明るい生活に―しようと願い」〈志賀暗夜行路

てん‐せい【転生】

てんしょう(転生)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android