コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェリャーボフ Andrei Ivanovich Zhelyabov

世界大百科事典 第2版の解説

ジェリャーボフ【Andrei Ivanovich Zhelyabov】

1851‐81
ロシアおよびウクライナの革命家。クリミヤ地方の農民出身で,1869年ノボロシースク大学法学部入学,大学紛争で73年に中退。オデッサのボルホフスキーのグループに加わり,労働者の間に革命思想の宣伝活動を行う。75年からウクライナ人の革命組織〈グロマダ〉に参加。77年逮捕され,193人裁判に連座,78年釈放された。79年〈人民の意志〉党執行委員となり,81年の皇帝暗殺の首謀者として処刑された。【佐々木 照央】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ジェリャーボフの関連キーワードナロードニキ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android