革命家(読み)カクメイカ

世界大百科事典 第2版の解説

かくめいか【革命家】

一国ないし世界の政治的・社会的構造の根本的転換をもくろみ,そのために献身する指導者および闘士と定義できようが,その社会的属性(青年,知識人層が多いなど),イデオロギー,要求される資質などは,近代以降に限定しても時空の条件によって異なる。19世紀以降に限ってみるとマルクス主義的共産主義運動の出現とその第二インターナショナルにおけるヘゲモニーの確立,ついでレーニンによって率いられたロシア革命の成功と1919年のコミンテルンの設立が二つの画期をなす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かくめいか【革命家】

革命の実現を志し、そのために献身する人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

革命家の関連情報