コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水宏保 しみずひろやす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水宏保
しみずひろやす

[生]1974.2.27. 北海道,帯広
スピードスケート選手。1993年2月,18歳にしてワールドカップ男子 500mで初出場・初優勝という快挙を達成した。オリンピック冬季競技大会には,1994年リレハンメル・オリンピック冬季競技大会から 2006年トリノ・オリンピック冬季競技大会まで 4大会連続で出場。なかでも 1998年長野オリンピック冬季競技大会では 500mで金メダルに輝き,1000mでも銅メダルを獲得した。オリンピック冬季競技大会のスピードスケート競技での金メダル獲得は日本選手初。2002年ソルトレークシティー・オリンピック冬季競技大会の 500mは優勝選手に 0秒03及ばず,銀メダルに終わった。大柄な選手が有利とされるスピードスケート界の常識を覆し,身長 162cmと小柄でありながら 500mで世界記録(自己ベスト 34秒32)を 4度も更新。スタートでの鋭い飛び出しは「ロケットスタート」と呼ばれた。また,世界距離別選手権大会では金メダル 5個(すべて 500m),ワールドカップの 500m通算 34勝は日本人最多で,世界歴代 3位(2013時点)。2010年3月に現役引退を発表した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水宏保 しみず-ひろやす

1974- 平成時代のスピードスケート選手。
昭和49年2月27日生まれ。平成6年リレハンメル冬季五輪500m5位。10年長野冬季五輪500mで日本スケート史上初の金メダル,1000mで銅メダルを獲得。同年世界種目別選手権500mで34秒82の世界新を記録。11年ワールドカップ(ワルシャワ大会)500mで通算22勝目をあげる。12年世界種目別選手権500mで3連覇。14年ソルトレークシティー冬季五輪500mで銀メダル。22年現役引退。三協精機(現・日本電産サンキョー),NECなどをへてエイベックス・スポーツに所属。北海道出身。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

清水 宏保


芸名
清水 宏保

性別
男性

生年月日
1974/02/27

干支
寅年

出身地
北海道

身長
162cm

体重
68kg

ブログタイトル
清水宏保オフィシャルブログ「神速」

ブログURL
http://ameblo.jp/hiroyasu-shimizu/

職種
スポーツ/タレント・俳優・女優

好きなスポーツ
ウェイクボード/サーフィン

資格・免許
普通自動車

プロフィール
3歳からスケートを始める。91年 浅間選抜500メートルで日本高校新記録を出し、全日本スプリントで総合4位に入り脚光を集める。93年18歳でW-cupに初出場初優勝という快挙を成し遂げ世界のトップスケーターとして注目を受けた。以来長年に渡り、世界のスピードスケート短距離界の第一人者として活躍。幼少の頃より気管支喘息を患っているが、喘息と向き合いながらトップアスリートとして活躍し、五輪出場、金メダル獲得まで果たした。長野オリンピック500メートル・金メダル、1000メートル・銅メダル、ソルトレークオリンピック・銀メダルを獲得した活躍は、日本中に興奮と感動を与えた。2010年3月をもって現役を引退。引退後、喘息の啓蒙活動、講演会・イベントへの出演、執筆活動等、文化人として幅広く活躍。また、2013年7月には北海道札幌市に自身の治療院を開院し、スポーツ選手のセカンドキャリアとしての活動も積極的に取り組んでいる。

代表作品
著書『金メダリストが考えた 世界一の腰痛メソッド』(2012) / 著書『ぜんそく力 ぜんそくに勝つ100の新常識』(2011) / 著書『プレッシャーを味方にする心の持ち方』(2011)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

清水宏保の関連キーワードケーシー フィッツランドルフジェレミー ウォザースプーン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清水宏保の関連情報