コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジオデモグラフィ geodemograhy

DBM用語辞典の解説

ジオデモグラフィ【geodemograhy】

地理学的人口統計属性。ジオグラフィ(Geography)とデモグラフィ(Demography)の連結した造語。ジオグラフィは、地理学、地理、地形、地勢の意味。地理的にセグメントされたリストにデモグラフィックデータを重ね合わせ、同じ地域に住む人々のデモグラフィック的特徴の属性を引き出すことをジオデモグラフィと表現。例えば、ジオデモグラフィにより、島根県は65歳以上の老人人口比率が高く、単身世帯が多いなど、地理的な人口統計学的分析を実施する。神奈川県港北地区は小さな子供をもつ裕福な家族の住んでいる割合が高いとか、地理的特性を表現する概念。ジオデモグラフィック・データは、地図データに、デモグラフィックデータを表示することを一般にジオデモグラフィック・データと呼んでいる。国勢調査データと地図データベースを結びつけた情報である。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

ジオデモグラフィの関連キーワード地理学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android