コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジクロルボス ジクロルボスdichlorvos

2件 の用語解説(ジクロルボスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジクロルボス(dichlorvos)

農薬・殺虫剤の一。有機リン系化合物で毒性が強く、ハエ・蚊・ゴキブリなどの害虫駆除に効果がある。残留性は低いとされる。DDVP
[補説]平成20年(2008)中国製輸入冷凍ギョーザやインゲンから検出されたことなどから、社会問題となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ジクロルボス

急性毒性が強い有機リン系化合物。国内では57年に農薬に登録され、中国でも一般的に使われている。害虫駆除に使われ、家庭用殺虫剤に含まれることもある。毒物劇物取締法で劇物に指定されており、氏名などを記載しないと購入できない。中国・天洋食品製の冷凍ギョーザによる中毒事件でも検出された。

(2008-10-15 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジクロルボスの関連情報