ジストマ

百科事典マイペディア「ジストマ」の解説

ジストマ

寄生虫のキュウチュウ類中の一亜目で,人体寄生吸虫の重要なものを含んでいる。通常雌雄異体で体は楕円形か葉状が多く,2個の吸盤をもつ。ハイキュウチュウカンキュウチュウもこれに属し,肺臓ジストマ肝臓ジストマとも呼ばれる。
→関連項目桂田富士郎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のジストマの言及

【キュウチュウ(吸虫)】より

…前2者には,魚類,爬虫類,両生類あるいは軟体動物などに寄生するものが含まれ,人体寄生をする医学上重要な種類はすべて二世類に含まれる。二世類の多くは口吸盤と腹吸盤をもっているが,後者も口のように見えるところから,キュウチュウのことを俗にジストマdistoma(〈二つの口〉の意)ともいう。体表は薄い角質で覆われ,小棘(しようきよく),またはいぼ状の小隆起がみられる。…

※「ジストマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android