コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸虫類 きゅうちゅうるいTrematoda; fluke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸虫類
きゅうちゅうるい
Trematoda; fluke

扁形動物門吸虫綱に属する寄生虫の総称で,おもに脊椎動物に外部寄生あるいは内部寄生する。別名ジストマともいい,単生類,楯吸虫類,二生類に大別される。体は左右相称,背腹に扁平で,体表はクチクラでおおわれ,一般に色素がない。宿主への付着器官として吸盤,鉤,とげなどをもつが,外部寄生虫は内部寄生虫よりもこれらの器官が発達している。口は通常体の前端にあり,腸は二叉状に分れ,肛門はない。生殖孔は口の後方に開く。大部分は雌雄同体で,雌雄の生殖門は合一するかまたは腹面に並んでおり,生殖器系は複雑で変化に富んでいる。内部寄生のものは発生中に単為生殖両性生殖を行い,また中間宿主と終宿主が異なるので,生活史が複雑である。中間宿主には二枚貝類,甲殻類,魚類などが多い。二生類に属するものにはヒトや家畜に大害を与える内部寄生虫が多く,血管系に寄生する日本住血吸虫,肺に寄生する肺吸虫,肝臓や胆管に寄生する肝吸虫肝蛭 (かんてつ) ,腸管に寄生する横川吸虫などがある。感染は淡水・汽水産の魚類,カニなどを生や不完全な調理によって食べることによる場合が多い。世界で約 2400種が知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

吸虫類

 →吸虫

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうちゅうるい【吸虫類】

扁形動物門吸虫綱に属する動物の総称。吸盤や鉤かぎがあり、他の動物の肝臓・肺・膵臓すいぞうなどの内臓や体表で寄生生活をする。体は左右相称で扁平。雌雄同体。肝吸虫や日本住血吸虫などヒトに寄生し、疾病の原因となるものもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

吸虫類の関連キーワードニホンジュウケツキュウチュウ(日本住血吸虫)ヨコカワキュウチュウ(横川吸虫)カンキュウチュウ(肝吸虫)キュウチュウ(吸虫)同時的雌雄同体スポロキストミラシジウム小林 晴治郎五島清太郎小林晴治郎福井 玉夫メーリス腺ケルカリア腸内寄生虫住血吸虫福井玉夫生殖細胞幼生生殖扁形動物肺吸虫症

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android