コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂田富士郎 かつらだふじろう

8件 の用語解説(桂田富士郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂田富士郎
かつらだふじろう

[生]慶応3(1867).5.5. 石川,大聖寺
[没]1946.4.5. 石川
医学者。庄田豊哉の長男として生れ,のちに桂田家を継ぐ。 1887年金沢医学校を卒業後,東京大学の病理学教室に入り,90年岡山の第三高等中学校医学部講師として赴任。 93年教授となる。 1904年ネコの肝臓で日本住血吸虫を発見,その名をつけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かつらだ‐ふじろう〔‐ふじラウ〕【桂田富士郎】

[1867~1946]病理学者。石川の生まれ。ドイツに留学。日本住血吸虫を発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

桂田富士郎【かつらだふじろう】

医学者。石川県の生れ。1887年石川県立医学校卒。東大病理学教室で研究,1890年第三高等中学(現岡山大)医学部教授となり,同地方のジストマ病の調査・研究を続け,1904年ニホンジュウケツキュウチュウを発見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂田富士郎 かつらだ-ふじろう

1867-1946 明治-昭和時代前期の病理学者。
慶応3年5月5日生まれ。明治26年岡山医専(現岡山大医学部)教授となる。37年(1904)日本住血吸虫を発見し,大正7年藤浪鑑(ふじなみ-あきら)とともに学士院賞を受賞。のち神戸に熱帯病船員病研究所および付属病院を設立,所長兼院長となった。昭和21年4月5日死去。80歳。加賀(石川県)出身。金沢医学校(金沢大医学部の前身)卒。旧姓は庄田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

桂田富士郎

没年:昭和21.4.5(1946)
生年:慶応3.5.5(1867.6.7)
明治大正期の医学者。加賀国大聖寺藩(石川県加賀市)生まれ。本名は庄田幸吉,のち養子となり桂田富士郎と改名。明治20(1887)年石川県立金沢医学校(金沢大)卒業後,帝大医科大(東大)三浦守治教授の下で病理学を専攻。23年から大正1(1912)年まで岡山医専(岡山大)で病理学を担当。明治37年山梨県の地方病解明のため同県に滞在し,猫の肝臓から新種の寄生虫を発見,日本住血吸虫と命名し,のち帝国学士院賞を受賞した。後半生は神戸に研究所を設立し,私財を投じて財団をつくり船員および熱帯病の治療に情熱を傾けた。寄生虫病学奨励会には現在,「桂田賞」が設けられている。<参考文献>森下薫『ある医学史の周辺』,吉村裕之『病原体を追った人びと』

(網野豊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かつらだふじろう【桂田富士郎】

1867‐1946(慶応3‐昭和21)
病理学者。加賀国大聖寺(現,石川県加賀市)に生まれ,1887年桂田家を継ぐ。同年金沢医学校を卒業し上京,帝国大学医科大学病理学教室に入り,三浦守治に師事。90年岡山の第三高等中学医学部(岡山大医学部の前身)に赴任。病理学,法医学を担当した。当時岡山地方にまんえんしていたジストマ病が注目され,東京から山極勝三郎,井上善次郎が調査のため出張し,桂田も全力をあげ研究にとり組んだ。1904年ニホンジュウケツキュウチュウ(日本住血吸虫)を発見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かつらだふじろう【桂田富士郎】

1867~1946) 病理学者。石川県生まれ。東大卒。日本住血吸虫を発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂田富士郎
かつらだふじろう
(1867―1946)

病理学者。加賀国大聖寺(石川県加賀市)の生まれ。1887年(明治20)石川県立医学校を卒業、同年、帝国大学医科大学病理学教室研究生となる。1890年、岡山の第三高等中学医学部(後の岡山医学専門学校岡山大学医学部の前身)教授となり、病理学講座を担当した。ここで当時、同地方に蔓延(まんえん)していたジストマ病の研究を始めた。1899年ドイツに留学し、フライブルク大学でアショフに師事、帰国後、1902年(明治35)医学博士となる。1904年日本住血吸虫を発見し、以後、同病の原因や予防法を研究した。1912年岡山医学専門学校を退き、1913年(大正2)ロンドンで開かれた万国医学会会議に出席、1914年神戸市に設けられた摂津(せっつ)病院と船員熱帯病研究所の主宰者となった。1918年、京都帝国大学の藤浪鑑(ふじなみあきら)とともに「日本住血吸虫の研究」により帝国学士院賞を受賞。第二次世界大戦で病院や研究所が焼失してのちは郷里で研究を続けた。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の桂田富士郎の言及

【ニホンジュウケツキュウチュウ(日本住血吸虫)】より

…扁形動物吸虫綱住血吸虫科Schistosomatidaeに属する寄生虫。1904年桂田富士郎が山梨県大鎌田村(現,甲府市)で飼育されていたネコの門脈から1雄虫を発見したのが世界最初のものである。しかし,1973年,74年に発掘された中国の馬王堆漢墓から出土したミイラ(2100年前に死亡したと推定される貴婦人の遺体であるという)の肝臓からこのキュウチュウの虫卵が発見されており,古くからこの寄生虫がアジア地域に蔓延(まんえん)していたものと考えられる。…

※「桂田富士郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桂田富士郎の関連キーワード石川県加賀市大聖寺岡町石川県加賀市大聖寺地方町石川県加賀市大聖寺敷地石川県加賀市大聖寺菅生石川県加賀市大聖寺寺町石川県加賀市大聖寺中町石川県加賀市大聖寺永町石川県加賀市大聖寺畑町石川県加賀市大聖寺平床正徳2年加賀大聖寺藩一揆

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone