ジデオキシシチジン(英語表記)dideoxycytidine; ddC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジデオキシシチジン
dideoxycytidine; ddC

ヌクレオシド系の抗エイズ薬。 RNAから DNAを合成する逆転写酵素の働きを阻害することによって HIVの増殖を抑える働きをする。新たに日本でも承認され,すでに承認され使用されている AZT (アジドチミジン) や ddI (ジデオキシイノシン) では十分な効果が得られなくなった場合に併用薬として投与される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android