ジデオキシシチジン(英語表記)dideoxycytidine; ddC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌクレオシド系の抗エイズ薬。 RNAから DNAを合成する逆転写酵素の働きを阻害することによって HIVの増殖を抑える働きをする。新たに日本でも承認され,すでに承認され使用されている AZT (アジドチミジン) や ddI (ジデオキシイノシン) では十分な効果が得られなくなった場合に併用薬として投与される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

エイズ治療薬の一。逆転写酵素の働きを阻害する。アジドチミジンとの併用で有効なことが確認されている。 DDC 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android