コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジトーミル州 ジトーミルZhitomir

1件 の用語解説(ジトーミル州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジトーミル〔州〕
ジトーミル
Zhitomir

ウクライナ北西部の州。州都ジトーミルドネプル川右岸流域にあり,南部,南西部はプリドネプル丘陵で,北部と東部はポレシエ呼ばれる沼沢地帯に入る。森林地帯に属し,森林面積は全面積の3分の1近くを占める。住民の半数が農村に居住していて,農業の占める比重が大きい。北部はアマ,ジャガイモの栽培と畜産が中心であるが,南部は穀物 (コムギトウモロコシ) ,テンサイの栽培と畜産がおもで,特に養豚が盛んである。そのほか,ウサギや家禽類の飼養,養蜂も行われる。工業部門ではジトーミル,コロステン,ノボグラードボルインスキーなどの都市に,食品 (砂糖,食肉,乳製品,製粉) ,繊維,縫製,皮革,機械 (農業,道路建設,化学) ,木材加工,製陶,ガラスなどの工業がある。ジトーミルを中心に,鉄道,ハイウェー放射状に延びている。面積2万 9900km2。人口 151万 700 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジトーミル州の関連情報