ジャコババード(英語表記)Jacobābād

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ジャコババード」の解説

ジャコババード
Jacobābād

パキスタン南東部,シンド州の都市。スックル北西 80kmに位置する。 1847年に初代知事 J.ジェイコブにちなんで命名された。シンド州とクウェッタを結び,クウェッタを経由してアフガニスタンに通じる交通の要地。パキスタン西部鉄道の接続点で,主要道路が交差し,空港,放送局がある。最高 52℃を記録したことのある酷暑の地。年中行事として牛馬の品評会が催される。人口7万 9365 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のジャコババードの言及

【シンド】より

…インダス川は西部山地の走向に規定されてS字形に貫流し,河口部はカッチ湿地に接続する湿地帯をなす。砂漠気候に属し,北端のジャコババードの年降水量は99mmで,6月の最高気温の平均は50.0℃(平均気温は36.8℃)と,世界的な暑熱地である。このため農業は灌漑に依存している。…

※「ジャコババード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android