牛馬(読み)ウシウマ

デジタル大辞泉の解説

うし‐うま【牛馬】

牛と馬。ぎゅうば。
盂蘭盆(うらぼん)精霊棚に供える、ナスとキュウリに麻幹(おがら)で足を付けてに見立てたもの。精霊馬(ょうりょううま)。
馬の一品種。体毛がきわめて少なく、外見が牛を思わせた。鹿児島県種子島(たねがしま)に産したが、第二次大戦直後、絶滅

ぎゅう‐ば〔ギウ‐〕【牛馬】

牛と馬。「牛馬のように働かされる」

ぎゅうば【牛馬】[狂言]

狂言。牛を売る男と馬を売る男が新市で場所を争い、結局牛と馬を競走させて決めることになり、牛のほうが負ける。うしうま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしうま【牛馬】

小形のウマ。肩高1.3メートル 内外。皮膚病のためとされるが、体毛が少なく、たてがみや尾の長い毛を欠き、尾は棒状。一見すると牛のように見えることからこの名がある。文禄・慶長の役のときに、朝鮮から持ち帰ったものといわれる。種子島に生き残っていたが、1947年(昭和22)頃絶滅。

ぎゅうば【牛馬】

牛と馬。 「 -のようにこき使う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うし‐うま【牛馬】

〘名〙
① 牛と馬。ぎゅうば。
※書紀(720)神代上(寛文版訓)「牛馬(ウシムマ)化為(な)れる有り」
② お盆の精霊棚(しょうりょうだな)に供えるもの。ナスとキュウリに苧殻(おがら)で四本の足を付け、牛と馬に見たてたもの。
※雑俳・柳多留‐一六(1781)「うし馬をよけてひづんだかやをつり」
③ 馬の一品種。小形の馬で肩高約一・三メートル。体は部分的に裸出し、たてがみもなく、が牛蒡(ごぼう)状で短く無毛のところが牛に似ている。一般に体毛は栗毛でちぢれている。鹿児島県種子島特産であるが起源については明らかでない。天然記念物に指定されていたが、昭和二二年(一九四七)頃に絶滅。〔博物図教授法(1876‐77)〕

ぎゅう‐ば ギウ‥【牛馬】

[1] 〘名〙 牛と馬。
※続日本紀‐天平四年(732)八月壬辰「東海東山二道及山陰道等国兵器牛馬、並不与他処」 〔周礼‐夏官・圉人〕
[2] 狂言。各流。牛を売る男と馬を売る男が新市で場所争いをする。目代(もくだい)が出て仲裁にはいり、結局牛と馬とを競走させると、牛の方が負ける。「狂言記」では「うしうま」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛馬の関連情報