牛馬(読み)ウシウマ

デジタル大辞泉の解説

うし‐うま【牛馬】

牛と馬。ぎゅうば。
盂蘭盆(うらぼん)精霊棚に供える、ナスとキュウリに麻幹(おがら)で足を付けてに見立てたもの。精霊馬(しょうりょううま)。
馬の一品種。体毛がきわめて少なく、外見が牛を思わせた。鹿児島県種子島(たねがしま)に産したが、第二次大戦直後、絶滅

ぎゅう‐ば〔ギウ‐〕【牛馬】

牛と馬。「牛馬のように働かされる」

ぎゅうば【牛馬】[狂言]

狂言。牛を売る男と馬を売る男が新市で場所を争い、結局牛と馬を競走させて決めることになり、牛のほうが負ける。うしうま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしうま【牛馬】

小形のウマ。肩高1.3メートル 内外。皮膚病のためとされるが、体毛が少なく、たてがみや尾の長い毛を欠き、尾は棒状。一見すると牛のように見えることからこの名がある。文禄・慶長の役のときに、朝鮮から持ち帰ったものといわれる。種子島に生き残っていたが、1947年(昭和22)頃絶滅。

ぎゅうば【牛馬】

牛と馬。 「 -のようにこき使う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛馬の関連情報