コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛馬 ウシウマ

5件 の用語解説(牛馬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うし‐うま【牛馬】

牛と馬。ぎゅうば。
盂蘭盆(うらぼん)精霊棚に供える、ナスとキュウリ麻幹(おがら)で足を付けて牛と馬に見立てたもの。精霊馬(しょうりょううま)。
馬の一品種。体毛がきわめて少なく、外見が牛を思わせた。鹿児島県種子島(たねがしま)に産したが、第二次大戦直後、絶滅。

ぎゅう‐ば〔ギウ‐〕【牛馬】

牛と馬。「牛馬のように働かされる」

ぎゅうば【牛馬】[狂言]

狂言。牛を売る男と馬を売る男が新市で場所を争い、結局牛と馬を競走させて決めることになり、牛のほうが負ける。うしうま。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うしうま【牛馬】

小形のウマ。肩高1.3メートル 内外。皮膚病のためとされるが、体毛が少なく、たてがみや尾の長い毛を欠き、尾は棒状。一見すると牛のように見えることからこの名がある。文禄・慶長の役のときに、朝鮮から持ち帰ったものといわれる。種子島に生き残っていたが、1947年(昭和22)頃絶滅。

ぎゅうば【牛馬】

牛と馬。 「 -のようにこき使う」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牛馬の関連キーワード盂蘭盆盂蘭盆経裏盆牛溲馬勃弓馬旧盆木牛流馬盂蘭盆斎流灯

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牛馬の関連情報