コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャッカルの日

デジタル大辞泉プラスの解説

ジャッカルの日

英国の作家フレデリック・フォーサイスのサスペンス小説(1971)。原題《The Day of the Jackal》。ド=ゴール大統領の暗殺を請け負った正体不明の殺し屋“ジャッカル”と、彼を追う警察の戦いをリアルに描き、ベストセラーとなった。1971年アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長編賞受賞。1973年フレッド・ジンネマン監督、エドワード・フォックス主演で映画化。

ジャッカルの日

1973年製作のイギリス・フランス合作映画。原題《The Day of the Jackal》。フレデリック・フォーサイスの同名小説の映画化。監督:フレッド・ジンネマン、出演:エドワード・フォックス、ミシェル・ロンスダールほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ジャッカルの日の関連キーワードフォーサイス(Frederic Forsyth)フレデリック フォーサイスデルフィーヌ セーリグエドワード フォックスフレッド ジンネマンロナルド ピッカップミシェル ロンダールシリル キューサックエリック ポーターデレク ジャコビドルリュー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャッカルの日の関連情報