正体(読み)ショウタイ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐たい〔シヤウ‐〕【正体】

《古くは「しょうだい」》
隠されているそのもの本来の姿。本体。「正体を現す」「正体不明の怪人物」
正常に意識が働いているときのようす。正気。「正体もなく眠る」
(「御正体」の形で)神仏の本体。神体。
「御―をば取りて本宮にゐてたてまつりて」〈今昔・三一・一〉

せい‐たい【正体】

正しい形体。正しい姿。
写植文字で基準となる字体。字づらは通常の書体では正方形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうたい【正体】

〔古くは「しょうだい」〕
隠したり、偽ったりして、すぐにはわからない、本当の姿。本体。 「 -を現す」 「 -を見破る」
正常な状態にある時の、しっかりした精神。正気。 「 -を失う」 「 -がなくなる」
神体。 「御-をば取りて本宮にゐて奉りて/今昔 31

せいたい【正体】

正しい姿。正しいあり方。 「又以て-と為す可らざるなり/明六雑誌」
正しい書体。
写植文字や活字などの書体で、正方形の中におさまるように設計された文字。 → 平体長体斜体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正体の関連情報