コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正体 ショウタイ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐たい〔シヤウ‐〕【正体】

《古くは「しょうだい」》
隠されているそのもの本来の姿。本体。「正体を現す」「正体不明の怪人物」
正常に意識が働いているときのようす。正気。「正体もなく眠る」
(「御正体」の形で)神仏の本体。神体。
「御―をば取りて本宮にゐてたてまつりて」〈今昔・三一・一〉

せい‐たい【正体】

正しい形体。正しい姿。
写植文字で基準となる字体。字づらは通常の書体では正方形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうたい【正体】

〔古くは「しょうだい」〕
隠したり、偽ったりして、すぐにはわからない、本当の姿。本体。 「 -を現す」 「 -を見破る」
正常な状態にある時の、しっかりした精神。正気。 「 -を失う」 「 -がなくなる」
神体。 「御-をば取りて本宮にゐて奉りて/今昔 31

せいたい【正体】

正しい姿。正しいあり方。 「又以て-と為す可らざるなり/明六雑誌」
正しい書体。
写植文字や活字などの書体で、正方形の中におさまるように設計された文字。 → 平体長体斜体

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

正体の関連キーワード暗がりに鬼を繋ぐ泥のように眠る化けの皮を現すべろんべろんぐでんぐでん面の皮を剥ぐとうびょう眠りこける仮面を脱ぐ尻尾を出すルーピー前後不覚へべれけノアール枯れ尾花気違い水化けの皮推し言見破る見顕す

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正体の関連情報