コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャディディズム Dzhadidizm

世界大百科事典 第2版の解説

ジャディディズム【Dzhadidizm】

ロシア帝国で1880年代,タタール・ブルジョアジーの間から生まれ,90年代以降中央アジアに流布したブルジョア・リベラリズム,民族主義運動。ジャディド運動ともいう。当初は伝統的イスラム教育の改革を唱える〈新方式〉(アラビア語で〈ウスル・イ・ジャディド〉)教育運動であった。中央アジアで1905年のロシア革命以後,文化主義を脱し,イスラム世界のブルジョア的発展のための改革を主張するリベラリズムの政治運動の色彩を強め,特に08年〈青年トルコ〉の革命に強い影響を受けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ジャディディズムの関連キーワードロシア帝国ガスプラル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android