一翼(読み)イチヨク

デジタル大辞泉の解説

一つのつばさ。また、1羽の鳥。
全体の中での役割などの一端。一つの任務。「一翼を担う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一つのつばさ。また、一羽の鳥。
※延喜式(927)一「羽一翼。鹿角一頭」
② 一つの役割。一つの持ち場。
※芸術運動に於ける前衛性と大衆性(1929)〈勝本清一郎〉「プロレタリア芸術運動に於ける一翼だけを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一翼の関連情報