コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャラール・ウッディーン ジャラール・ウッディーンJalāl al-dīn Mankubirnī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャラール・ウッディーン
Jalāl al-dīn Mankubirnī

[生]?
[没]1231.8.15.
ホラズム・シャー朝最後の王 (在位 1220~31) 。モンゴル軍に敗走した父アラー・ウッディーン・ムハンマドの跡を継いだが,敗れてインドに逃れ,その後,イランアゼルバイジャンなど各地を転戦。クルディスタン山中で原住民に殺害された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジャラール・ウッディーンの関連キーワードチョルマグン(綽児馬罕)エルディグズ朝11月23日ハルジー朝ナサウィー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android