眼目(読み)がんもく

精選版 日本国語大辞典「眼目」の解説

がん‐もく【眼目】

〘名〙
① 目。まなこ。
※正法眼蔵(1231‐53)山水経「山をみる眼目あらざる人は、不覚、不知、不見、不聞、這箇道理なり」
② 物事の肝要なところ。要点。主眼。また、肝要な物事。
※正法眼蔵(1231‐53)行持下「自己の眼目いまだあきらめず、いたづらに殿堂精藍を結構する」
※神皇正統記(1339‐43)中「此の国は三種の正体をもちて眼目とし」

げん‐もく【眼目】

〘名〙 (「げん」は「眼」の呉音)
① =がんもく①〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② =がんもく
日蓮遺文‐妙心尼御前御返事(1275)「この御守り法華経のうちのかんじん、一切経のげんもくにて

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「眼目」の解説

がん‐もく【眼目】

目。まなこ。
「委員等が最も其の―を注で、熟視するの人物は」〈竜渓経国美談
ある物事の最も重要な点。「会議の眼目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android