眼目(読み)ガンモク

デジタル大辞泉の解説

がん‐もく【眼目】

目。まなこ。
「委員等が最も其の―を注で、熟視するの人物は」〈竜渓経国美談
ある物事の最も重要な点。「会議の眼目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんもく【眼目】

物事のたいせつな点。主要な目的。要点。主眼。 「教育の-は人間形成にある」
目。まなこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐もく【眼目】

〘名〙
① 目。まなこ。
正法眼蔵(1231‐53)山水経「山をみる眼目あらざる人は、不覚、不知、不見、不聞、這箇道理なり」
物事の肝要なところ。要点主眼。また、肝要な物事。
※正法眼蔵(1231‐53)行持下「自己の眼目いまだあきらめず、いたづらに殿堂精藍を結構する」
※神皇正統記(1339‐43)中「此の国は三種の正体をもちて眼目とし」

げん‐もく【眼目】

〘名〙 (「げん」は「眼」の呉音)
① =がんもく①〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② =がんもく
※日蓮遺文‐妙心尼御前御返事(1275)「この御守り法華経のうちのかんじん、一切経のげんもくにて候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眼目の関連情報