コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャリード湖 ジャリードこShatt al-Jarīd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャリード湖
ジャリードこ
Shatt al-Jarīd

ショット・ジェリードとも呼ばれる。チュニジア南西部の巨大な塩湖で,塩原は約 4900km2にわたって広がっている。雨季を除いては,最も低い部分だけが水面となっており,かつてはガベス湾から西方へ 400kmにもわたって入り海となっていた部分が,乾燥して塩湖となったとされている。したがって,チュニジアからアルジェリアにかけて,同様の塩湖が連続して存在する。鉱物資源として,豊富なリン鉱石が重要であり,世界でも有数の産出量を誇っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジャリード湖の関連キーワードガフサ県ガベス県トズル

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android