コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャワ年代記 ジャワねんだいきBabad Tanah Jawi

世界大百科事典 第2版の解説

ジャワねんだいき【ジャワ年代記 Babad Tanah Jawi】

ババッドbabadは普通,ジャワ語の韻文で書かれた年代記の総称であるが,最も有名なこの《ジャワ年代記》は散文で書かれている。イスラム化以前のマジャパイト王国の栄光をたたえた《ナーガラクルターガマ》や《パララトン》の伝統に従い,マタラム・イスラム王朝の栄光を記念する年代記である。初版の成立年代はマタラム朝のスルタン・アグンの治世の晩年,すなわち1641‐46年ごろと考えられ,そのあとも多くの作者が既存の部分を改めたり,新しい章を付け加えたりし,現在の形になったのは1757年以後とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ジャワ年代記の関連キーワードファン・ヒンローペン・ラッベルトンスルタン・アグンマジャパイト王国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android