コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マジャパイト王国 マジャパイトおうこくMajapahit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マジャパイト王国
マジャパイトおうこく
Majapahit

1293年から 15世紀後半頃まで東部ジャワを中心に栄えた王国。シンガサリ朝の最後の王クルタナガラが暗殺されたあと,ジャワは一時混乱状態に陥ったが,王の女婿ラデン・ビジャヤが 1293年に来攻した元の遠征軍を利用して国内を再統一し,スラバヤ付近のマジャパイトを都とした。大帝国建設を企てる宰相のガジャ・マダの活躍により,第4代の王ハヤム・ウルクのとき,この王国の勢力は頂点に達し,東部ジャワ,マドゥラ,バリのほか,インドネシアおよびマレー半島のかなりの範囲の海岸地方を間接的支配下においた。ジャワ北岸にイスラム教が伝えられて小国家群が勃興しはじめる 14世紀後半頃から衰退していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マジャパイト王国の関連キーワードナーガラクルターガマパジャジャラン王国タンブラリンガトルーノジョヨパラメシュバラインドネシア史モジョケルトマタラム王国東南アジア史タントゥラルジャワ年代記ガジャ・マダジャワ文学パララトンプジャンガセナパティスンバワ島グレシックトロウランビジャヤ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android