コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マジャパイト王国 マジャパイトおうこくMajapahit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マジャパイト王国
マジャパイトおうこく
Majapahit

1293年から 15世紀後半頃まで東部ジャワを中心に栄えた王国。シンガサリ朝の最後の王クルタナガラが暗殺されたあと,ジャワは一時混乱状態に陥ったが,王の女婿ラデン・ビジャヤが 1293年に来攻した元の遠征軍を利用して国内を再統一し,スラバヤ付近のマジャパイトを都とした。大帝国建設を企てる宰相のガジャ・マダの活躍により,第4代の王ハヤム・ウルクのとき,この王国の勢力は頂点に達し,東部ジャワ,マドゥラ,バリのほか,インドネシアおよびマレー半島のかなりの範囲の海岸地方を間接的支配下においた。ジャワ北岸にイスラム教が伝えられて小国家群が勃興しはじめる 14世紀後半頃から衰退していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マジャパイト王国の関連キーワードナーガラクルターガマパジャジャラン王国インドネシア史トルーノジョヨパラメシュバラタンブラリンガモジョケルトタントゥラルジャワ年代記マタラム王国東南アジア史ガジャ・マダパララトングレシックジャワ文学プジャンガトロウランセナパティスンバワ島ビジャヤ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android