コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マジャパイト王国 マジャパイトおうこくMajapahit

1件 の用語解説(マジャパイト王国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マジャパイト王国
マジャパイトおうこく
Majapahit

1293年から 15世紀後半頃まで東部ジャワを中心に栄えた王国。シンガサリ朝の最後の王クルタナガラが暗殺されたあと,ジャワは一時混乱状態に陥ったが,王の女婿ラデン・ビジャヤが 1293年に来攻した元の遠征軍を利用して国内を再統一し,スラバヤ付近のマジャパイトを都とした。大帝国建設を企てる宰相のガジャ・マダの活躍により,第4代の王ハヤム・ウルクのとき,この王国の勢力は頂点に達し,東部ジャワ,マドゥラ,バリのほか,インドネシアおよびマレー半島のかなりの範囲の海岸地方を間接的支配下においた。ジャワ北岸にイスラム教が伝えられて小国家群が勃興しはじめる 14世紀後半頃から衰退していった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マジャパイト王国の関連キーワード平頼綱永仁藤里町と引きこもり実態調査永仁喜多院北畠親房紫明抄正応新生鎮西探題

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone