パララトン(英語表記)Pararaton

世界大百科事典 第2版の解説

パララトン【Pararaton】

インドネシア,ジャワ東部のシンガサリおよびマジャパイト両王朝の歴代王の伝記。《パララトン》とは〈諸王の書〉の意。キドゥンと呼ばれるジャワ語の韻文で書かれており,作者をタントゥーラルとする説もあるが,不明の点が多い。1222年のケン・アンロックによるシンガサリの建国から1420年ごろまでを記述の対象とするが,歴史事実の記録というより文学作品としての性格が強い。16世紀ごろバリ島で書かれたと考えられ,オランダの学者ブランデスJ.L.A.Brandesが1896年に数種の写本から原文を校訂し,オランダ語の訳注を付して出版した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android