コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パララトン Pararaton

世界大百科事典 第2版の解説

パララトン【Pararaton】

インドネシア,ジャワ東部のシンガサリおよびマジャパイト両王朝の歴代王の伝記。《パララトン》とは〈諸王の書〉の意。キドゥンと呼ばれるジャワ語の韻文で書かれており,作者をタントゥーラルとする説もあるが,不明の点が多い。1222年のケン・アンロックによるシンガサリの建国から1420年ごろまでを記述の対象とするが,歴史事実の記録というより文学作品としての性格が強い。16世紀ごろバリ島で書かれたと考えられ,オランダの学者ブランデスJ.L.A.Brandesが1896年に数種の写本から原文を校訂し,オランダ語の訳注を付して出版した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

パララトンの関連キーワード東南アジア文学ジャワ年代記インドネシアジャワ文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android