コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャール

百科事典マイペディアの解説

ジャール

フランスの映画音楽作曲家。1962年《アラビアのロレンス》,1965年《ドクトル・ジバゴ》などデビット・リーン監督作品で世界的に注目され,《日曜日には鼠を殺せ》(1964年,フレッド・ジンネンマン監督),《パリは燃えているか》(1966年,ルネ・クレマン監督),《地獄に堕ちた勇者ども》(1969年,ルキノ・ビスコンティ監督)など,60年代後半に秀作に恵まれて巨匠の地位を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のジャールの言及

【ジャール平原】より

…中心のシエンクアン市(人口約1万)はヨーロッパ風の小都市である。巨大な石甕(ジャール)が多数発見されたことにちなんで命名されたもので,これら新石器時代の大小の石甕は,葬礼に関した骨壺といわれ,人間が10人ほど入る大石甕もある。鉄製品や種々の石器,青銅器なども出土している。…

※「ジャール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャールの関連キーワードモーリス・ベジャール・バレエ団ベジャール・バレエ・ローザンヌアーガー・ムハンマド・ハーンシャーロット ランプリングオーストリアハンガリー帝国ジュリアン ファヴローナーシル・ウッディーンハンガリー国立バレエ団マジャール・ノータエリザベット ロスニーベルングの指環ジャールカンド運動レヒフェルトの戦い二十世紀バレエ団ゴレスターン宮殿20世紀バレエ団レヒフェルトの戦シエンクアン高原シエンクワン高原我々のファウスト

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャールの関連情報