ジュニーニョ・ペルナンブカノ(読み)ジュニーニョペルナンブカノ(英語表記)Juninho Pernambucano

  • サッカー
  • ジュニーニョ・ペルナンブカノ(ジュニーニョペルナンブカノ)

最新 世界スポーツ人名事典の解説

サッカー選手(バスコダガマ・MF)
生年月日:1975年1月30日
国籍:ブラジル
出身地:レシフェ
別名等:本名=Antonio Augusto Ribeiro Junior Reis
経歴:ブラジルのバスコダガマを経て、2001年フランスのリヨンに移籍。以来、リーグ史上初の6連覇に貢献し、チームの支柱として活躍。その後、カタールのアルガラファを経て、2011年4月古巣バスコダガマに復帰。2012年12月米国MLSのニューヨーク・レッドブルズ、2013年7月3度目のバスコダガマ入り。ブラジル代表としては、2006年W杯ドイツ大会に出場。右足で縦回転、横回転、無回転のボールを蹴り分け、世界一のプレースキッカーと呼ばれた。179センチ、71キロ。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
元サッカー選手

国籍
ブラジル

生年月日
1975年1月30日

出身地
レシフェ

本名
Reis,Antonio Augusto Ribeiro Junior

経歴
1993年スポルチ・レシフェでトップチームデビュー。’95年バスコ・ダ・ガマに移籍し、’98年にはコパ・リベルタドーレスを制するなど活躍。2001年フランスのリヨンに移籍。以来、リーグ史上初の7連覇に貢献し、チームの支柱として活躍。2006年にはリーグ年間最優秀選手に選ばれた。2009年カタールのアル・ガラファを経て、2011年古巣バスコ・ダ・ガマに復帰。2013年米国MLSのニューヨーク・レッドブルズで半年間プレーした後、7月3度目のバスコ・ダ・ガマ入り。ブラジル代表には、1999年初選出。2006年W杯ドイツ大会に出場。2014年引退。右足で縦回転、横回転、無回転のボールを蹴り分け、世界一のプレースキッカーと呼ばれた。現役時代は、179センチ、71キロ。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android