コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュパーン župan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュパーン
župan

もともと南スラブ人の部族長の呼称。語源はスラブ説もあるが,アバール=ブルガール説が有力。中世においては,部族共同体の統率者の意から転じて,封建領主の意となり (ネマーニヤ朝の祖ステファン・ネマーニヤは大ジュパーンを名のった) ,さらに近代においては国家の地方行政単位の長をさすようになった。ハンガリー語のイシュパン,チェコ語,スロバキア語,ポーランド語のパン (城主,領主,転じて2人称敬語代名詞) も同根。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジュパーンの関連キーワードラシュカ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android