ジュパーン(英語表記)župan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュパーン
župan

もともと南スラブ人の部族長の呼称。語源はスラブ説もあるが,アバール=ブルガール説が有力。中世においては,部族共同体の統率者の意から転じて,封建領主の意となり (ネマーニヤ朝の祖ステファン・ネマーニヤは大ジュパーンを名のった) ,さらに近代においては国家の地方行政単位の長をさすようになった。ハンガリー語のイシュパン,チェコ語,スロバキア語,ポーランド語のパン (城主,領主,転じて2人称敬語代名詞) も同根。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android