ジュリアおたあ(読み)Julia Ota

朝日日本歴史人物事典の解説

ジュリアおたあ

生年:生没年不詳
徳川家康侍女の朝鮮人キリシタン。文禄・慶長の役(文禄1~慶長3)に小西行長に捕らわれて日本に送られ小西家でキリシタンとなる。洗礼名ジュリア。慶長5(1600)年の関ケ原の役で小西が敗れたのち,家康「奥方ノ御物仕」として伏見,駿府両城にあり宣教師と接触を保つ。同17年キリシタン禁教令施行に際し棄教を拒み,伊豆の大島,新島さらに神津島に流刑となる。元和5(1619)年に同島を離れたらしく同年末には長崎にあり,同8年1月5日(1622.2.15)付のパシェコ神父の書翰によると「コライジンCoraijinのオタ・ジュリア」は大坂にいて同神父の経済的援助を得ていた。神津島の流人墓地に彼女の墓と伝えられるものがある。昭和33(1958)年在日韓国人カトリック信者が,同地に十字架を立てた。同45年ジュリア顕彰会が組織され毎年5月ジュリア祭が催されている。韓国では聖女として敬愛されている。<参考文献>ルイズ・デ・メディナ『遥かなる高麗』

(五野井隆史)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジュリアおたあ【Julia Ota(Vota)】

近世初期の朝鮮人キリシタン婦人。生没年不詳。ジュリアは霊名。文禄・慶長の役でキリシタン大名の小西行長に捕らわれ小西家で養育された。関ヶ原の戦後,徳川家康に仕え〈奥方ノ御物仕〉として伏見・駿府両城にいた。家康の棄教命令を拒み伊豆大島,新島さらに神津島に流された。1622年2月のパシェコの手紙によると〈信仰のため追放された高麗人Coraijinオタ・ジュリア〉は当時大坂でパシェコの援助を受けていた。【五野井 隆史】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android