コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジューリアス・アーサー ニューランド Julius Arthur Nieuwland

20世紀西洋人名事典の解説

ジューリアス・アーサー ニューランド
Julius Arthur Nieuwland


1878.2.14 - 1936.6.11
米国の化学者,植物学者。
元・ノートルダム大学教授。
ハンスケベ(ベルギー)生まれ。
3歳の時家族でアメリカに移住し、1899年ノートルダム大学卒業後、1903年ローマ・カトリック教会の牧師となる。そのかたわら、アメリカ・カトリック大学生物学、化学を学び、’04年学位を取得。’04年よりノートルダム大学植物学教授となり、’18〜36年には化学教授を務めた。銅の触媒によるアセチレン合成に成功し、後にデュポン社における合成ゴム開発の技術的基礎となったが、その結果を見ることなくワシントンで死去。また、’33年モアヘッド・メダル、’35年にはアメリカ化学協会のニコルズ・メダルを授与されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android