ジョシュ ベケット(英語表記)Josh Beckett

現代外国人名録2016「ジョシュ ベケット」の解説

ジョシュ ベケット
Josh Beckett

職業・肩書
元大リーグ選手

国籍
米国

生年月日
1980年5月15日

出生地
テキサス州スプリング

本名
Beckett,Joshua Patrick

学歴
スプリング高卒

経歴
スプリング高校時代は1イニング平均2個の三振を奪う剛腕で鳴らし、1999年ドラフト1巡目全体2位指名で大リーグのマーリンズと契約。2001年9月メジャーに昇格。2003年カブスとのナリーグ優勝決定シリーズ第5戦では、シリーズ史上最年少の23歳4ケ月28日で完封勝利を挙げる。続くヤンキースとのワールドシリーズでも6回戦で9奪三振の完封勝利を収めるなどしてチームの世界一に貢献、シリーズMVPに輝く。2006年レッドソックスに移籍。2007年20勝(7敗)を挙げ最多勝のタイトルを獲得、サイ・ヤング賞は次点だった。プレーオフ、ワールドシリーズでも活躍し、チームの3年ぶりの世界一に貢献。2009年17勝(6敗)、自己最多の199奪三振をマーク。2010年は不調で、2011年には試合中の飲酒騒動もあり、2012年シーズン途中でドジャースに放出された。2013年首の手術を受ける。2014年シーズン終了後、引退。メジャー通算14年で138勝106敗、防御率3.88。最多勝1回(2007年)、オールスター出場3回(2007年,2009年,2011年)。現役時代は、196センチ、102キロ。右投右打。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

最新 世界スポーツ人名事典「ジョシュ ベケット」の解説

ジョシュ ベケット
Josh Beckett
大リーグ

大リーグ選手(ドジャース・投手)
生年月日:1980年5月15日
国籍:米国
出生地:テキサス州スプリング
別名等:本名=Joshua Patrick Beckett
学歴:スプリング高卒
経歴:スプリング高校時代は1イニング平均2個の三振を奪う剛腕で鳴らし、1999年ドラフト1巡目全体2位指名で大リーグのマーリンズと契約。2001年9月メジャーに昇格。2003年カブスとのナリーグ優勝決定シリーズ第5戦では、シリーズ史上最年少の23歳4ケ月28日で完封勝利を挙げる。続くヤンキースとのワールドシリーズでも6回戦で9奪三振の完封勝利を収めるなどしてチームの世界一に貢献、シリーズMVPに輝く。2006年レッドソックスに移籍。2007年20勝(7敗)を挙げ最多勝のタイトルを獲得、サイ・ヤング賞は次点だった。プレーオフ、ワールドシリーズでも活躍し、チームの3年ぶりの世界一に貢献。2009年17勝(6敗)、自己最多の199奪三振をマーク。2010年は不調で、2011年には試合中の飲酒騒動もあり、2012年シーズン途中でドジャースに放出された。2013年首の手術を受ける。最多勝1回(2007年)、オールスター出場3回(2007年,2009年,2011年)。196センチ、102キロ。右投右打。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android