コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョセフソン回折効果 Josephson diffraction effect

法則の辞典の解説

ジョセフソン回折効果【Josephson diffraction effect】

有限の寸法をもったジョセフソン接合に,印加電圧0Vのままで流しうる最大電流 I は,接合面に平行方向から与えた磁場によって変化する.これはコヒーレントな単色光に対する回折現象に対応するものなので,ジョセフソン回折効果*と呼ばれる.短い接合(磁場に垂直な接合面の幅(l) に対して,接合に磁場の進入する特性長(λ) に比べて小さい)では,磁束を Φ としたとき,I は次の式で表せる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ジョセフソン回折効果の関連キーワードコヒーレントジョセフソン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android