ジョセフソン回折効果(英語表記)Josephson diffraction effect

法則の辞典の解説

ジョセフソン回折効果【Josephson diffraction effect】

有限の寸法をもったジョセフソン接合に,印加電圧0Vのままで流しうる最大電流 I は,接合面に平行方向から与えた磁場によって変化する.これはコヒーレントな単色光に対する回折現象に対応するものなので,ジョセフソン回折効果*と呼ばれる.短い接合(磁場に垂直な接合面の幅(l) に対して,接合に磁場の進入する特性長(λ) に比べて小さい)では,磁束を Φ としたとき,I は次の式で表せる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android