ジョセフ岩(読み)ジョセフがん(英語表記)josefite

岩石学辞典の解説

ジョセフ岩

長石を含まないランプロファイア[Szadeczky : 1899, Tröger : 1935].橄欖(かんらん)岩または橄欖石輝岩が変質したもので,エジプトのアスワン花崗岩を切る岩脈として産出する.リーベック閃石の縁をもつチタンオージャイト,蛇紋石化した橄欖石,方解石,緑泥石などから構成されている.レビンソンレッシングは鉱物の記載と高いアルカリの分析値の不一致を指摘した[Loewinson-Lessing : 1900, Tomkeieff : 1983].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android