コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッシング レッシング Lessing, Doris

7件 の用語解説(レッシングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッシング
レッシング
Lessing, Doris

[生]1919.10.22. ペルシア,ケルマーンシャー
[没]2013.11.17. イギリスロンドン
ペルシア生まれのイギリスの作家。フルネーム Doris May Lessing,本名 Doris May Tayler。5歳のときイギリス人の両親とともに南ローデシアに移住,農場で育つ(→ローデシア問題)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

レッシング
レッシング
Lessing, Gotthold Ephraim

[生]1729.1.22. ザクセン,カーメンツ
[没]1781.2.15. ブラウンシュワイク
ドイツの劇作家,批評家。フランス古典劇の亜流であった従来のドイツ演劇を否定,ギリシア劇,シェークスピア劇の精神を取入れることによって近代的な市民劇の創始者となった。また演劇のほか美学,神学の評論を通して啓蒙思想を説き,ドイツ市民文化の発展に貢献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)

[1729~1781]ドイツの劇作家・批評家。ドイツ啓蒙思想の代表者で、ドイツ古典劇の基礎を築いた。美学論文「ラオコーン」、演劇論「ハンブルク演劇論」、喜劇「ミンナ=フォン=バルンヘルム」、悲劇「エミーリア=ガロッティ」、劇詩「賢者ナータン」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レッシング

英国の女性作家。植民地時代のローデシア(現ジンバブエ)で育ち,人種差別を見聞し,また第2次大戦中にナチスに追われたユダヤ人や左翼思想家と会った。1954年イギリス共産党に入党したが,のちに離党。

レッシング

ドイツの劇作家,啓蒙思想家。牧師の子でライプチヒ大学で神学を学ぶが,俳優たちと交わり,自由な著述業に進むことを決意。劇評をはじめ種々の論文を書き,ドイツ最初の市民劇《サラ・サンプソン嬢》(1755年)で好評を博す。
→関連項目エクホーフオーピッツ啓蒙思想ドラマトゥルギーラオコオン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レッシング【Gotthold Ephraim Lessing】

1729‐81
ドイツの啓蒙思想家。劇作,批評,文芸理論,古典学,神学の分野にわたって活躍し,近代ドイツ文学の成立に貢献した。ザクセンの貧しい牧師の子に生まれ,ライプチヒで神学を修めたが,早くから〈ドイツのモリエール〉を志して創作。1748‐55年,啓蒙運動の中心地ベルリンで,新聞の学芸欄を担当しながら演劇論誌を発行,F.ニコライやM.メンデルスゾーンと友好を結んだ。新しいジャンルの〈市民悲劇〉にも関心をもち,イギリスを舞台にした《サラ・サンプソン嬢》(1755)を執筆。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

レッシング【Gotthold Ephraim Lessing】

1729~1781) ドイツの劇作家・批評家。ドイツ啓蒙思想の代表的存在。美学論「ラオコーン」、演劇論「ハンブルク演劇論」、神学的論文「人類の教育」、悲劇「サラ=サンプソン嬢」、喜劇「ミンナ=フォン=バルンヘルム」、詩劇「賢者ナータン」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のレッシングの言及

【喜劇】より

…ディドロの提唱する〈まじめな喜劇comédie serieuse〉や,催涙喜劇comédie larmoyanteというジャンルがそれで,ドイツでも感傷喜劇が流行した。G.メレディスの《喜劇論On the Idea of Comedy》(1877年講演,97年出版)では,社会的な発展の遅れた国で,よい喜劇は生まれない例としてドイツを挙げているが,共感できる主人公の登場するレッシングの《ミンナ・フォン・バルンヘルム》のような喜劇は,モリエール流の喜劇とはジャンルの異なる温かい情をもったドイツ的喜劇とみるべきだろう。 17世紀のモリエールの影響はデンマークのJ.L.ホルベアなどに認められ,イタリアでは,C.ゴルドーニが,即興喜劇の伝統に固執するC.ゴッツィなどの妨害に出会いながら,文学的な性格喜劇を残した。…

【近代劇】より


[成立過程]
 近代社会あるいは近代人の諸矛盾を客観的・再現的に舞台上に表現しようとする〈近代劇〉の萌芽は,18世紀の〈市民劇〉に求められる。庶民の出る劇は喜劇に限るとする伝統を破って市民悲劇が登場するのはブルジョアジーの台頭と軌を一にするが,その早い例の一つ,G.リッロ(1693‐1739)の《ロンドンの商人》(1731)はロンドンはおろか大陸でも大当りし,ドイツのレッシングに市民悲劇の傑作《ミス・サラ・サンプソン》(1755)を書くきっかけを与えた。同じころフランスのD.ディドロは市民生活に題材をとったまじめな劇を提唱し,悲劇でも喜劇でもない新しい〈ドラマdrame〉なるジャンルを定式化した。…

【啓蒙思想】より

…この立場の裏づけをなすものが,教義といえどもその真理性の根拠は理性にもとづく,ないし理性を超えたものであってもすくなくとも理性に反しそれに矛盾したものであってはならぬとする理神論の考えにほかならない。理神論は,ロックからティンダル,トーランド,コリンズにかけて洗練され,また,フランスのボルテール,ドイツのレッシングらもこの立場による。レッシングらの場合,非キリスト教的宗教への一定の寛容がみられるのは注目に値しよう。…

【賢者ナータン】より

…ドイツの啓蒙思想家レッシングによる5幕の劇詩。1779年発表。…

【市民劇】より

… ドイツではまずフランスの催涙喜劇の影響で,感傷劇Rührstückとよばれるジャンルが非常に流行した。イギリスでも18世紀には風習喜劇が衰えて,道徳的な感傷喜劇sentimental comedyなるものが主流になっていたが,ディドロとこのイギリス市民劇の影響を受けたG.E.レッシングは1755年に最初の市民悲劇《ミス・サラ・サンプソン》を,続いて《エミリア・ガロッティ》を発表した。これはいわば市民劇の頂点をなす作品であるが,レッシングは,アリストテレスの悲劇論を援用しつつ,恐怖と同情の念は,偉大な主人公よりむしろ観客に身近な市民を主人公にしたほうが起きやすいのではないかと考え,また登場人物の性格にも美点と欠点を混じえて,人物を黒白に描き分けることを避けた。…

【ドイツ演劇】より

…1767年のハンブルク国民劇場の開場は,市民側からの試みであるが,70年代になって,ウィーンのブルク劇場はじめ,いくつかの宮廷劇場が設けられることとなった。G.E.レッシングは,18世紀に生まれた市民劇の立場に立って,古典悲劇に批判を加え,はじめて国際的な評価を受けるような劇作を残した。《ハンブルク演劇論》は,劇評という枠を越えた実践的な理論的著作である。…

【ドイツ文学】より

…教訓的な寓話は前者を,田園詩は後者を表現するジャンルとして好んで用いられるが,クロプシュトックが古代ギリシアの無韻の詩形式をドイツ詩に移植することに成功し,それ以後は,抒情詩自体が自然の息吹を直接表現しうるものとして尊重された。演劇は,ゴットシェートがイエズス会演劇の宗教色をぬぐいさる浄化運動を起こして以来,合理的な思想の表現に適するものと考えられていたが,レッシングはさらに劇場こそ〈精神界の学校〉と主張し,市民劇によって時代の問題を明示するところまで進んだ。それによって演劇は,この世紀の最も重要なジャンルとなったが,この場合もその導き手となったのはほかならぬシェークスピア劇である。…

【悲喜劇】より

…また,W.シェークスピアの作品が,悲劇性と喜劇性を同じ作品のなかで同時に示していることはよく指摘されるが,よく観察すると,それは交互におこるのではなく,喜劇的な要因が,悲劇的な相関関係のなかに深く根をおろしており,それがコントラストの効果を生みだしているのである。 18世紀にはG.E.レッシングがその著《ハンブルク演劇論》のなかで,悲喜劇の外形的な定義だけでなく,内的な意味づけを行い,深刻さが笑いを,悲しさが喜びを,あるいはその逆が達せられた場合,悲喜劇の最高の形が得られるとしている。彼の喜劇《ミンナ・フォン・バルンヘルム》はその理想に近づいている。…

【フォシッシェ・ツァイトゥング】より

…1721年ベルリンで創刊され,最初は《ベルリーニッシェ・プリビレギールテ・ツァイトゥングBerlinische Privilegierte Zeitung》と題したが,51年にフォスC.F.Vossが発行を引き継いでから,〈Vossische Zeitung(フォスの新聞)〉と呼ばれるようになり,1912年から正式の題号となった。1751‐55年にG.E.レッシングが文化欄の編集責任者を務め,みずからも寄稿して,紙面の向上に貢献した。1934年,ナチスの新聞統制により,廃刊に追い込まれた。…

【ラオコオン】より

…彼の最期はウェルギリウスの叙事詩《アエネーイス》に語られているほか,前1世紀の群像彫刻によってもよく知られる。またドイツの劇作家・思想家レッシングはこの彫刻を題材にして有名な芸術論《ラオコオン》(1766)を著した。【水谷 智洋】。…

【ラオコオン】より

…啓蒙思想家レッシングによる芸術論(1766)。トロイアの神官ラオコオンの非業の死をあらわす大理石群像と,この出来事を歌ったウェルギリウスの詩句との比較を手がかりに,〈絵画(美術一般)と文学との限界〉を説く。…

※「レッシング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レッシングの関連キーワード西ドイツベッカリーアラジーシチェフキンダーガーテン思想家自由思想家統一ドイツ百学連環轡田収実方清

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レッシングの関連情報