コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョブシャドウイング

ビジネス用語集の解説

ジョブシャドウイング

ジョブシャドウイングとは、アメリカで定着している職業教育の1つで、
中学生高校生が半日程度、企業で働く従業員に密着し、
職場での仕事についてを観察するというもの。

職業観の形成が目的とされており、
中学生や高校生が職業についてを学ぶことで、
自分の目指すべき職業についてを広い視野で考え、
希望する職業へと就くための方法を学ぶために行われています。

出典|転職.jpビジネス用語集について | 情報

人事労務用語辞典の解説

ジョブシャドウイング

米国で行われている子供向け職業体験プログラムの一種です。子供が興味を持つ分野で働いている社会人に「影」のように密着して行動を共にし、その仕事ぶりや職場の雰囲気を観察します。
(2005/8/29掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android