社会人(読み)しゃかいじん

精選版 日本国語大辞典「社会人」の解説

しゃかい‐じん シャクヮイ‥【社会人】

〘名〙
① 社会を構成する一員としての個人。
※修辞及華文(1879)〈菊池大麓訳〉一般文体の品格を論ず「高等の訓養を受くる社会人に在ては」
② 社会で職業につき、活動している人。学生、生徒などに対していう。
故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉八「学生から社会人に成長すると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「社会人」の解説

しゃかい‐じん〔シヤクワイ‐〕【社会人】

実社会で働いている人。学生・生徒などに対していう。「社会人になる」「社会人一年生」
社会の構成員としての個人。
[補説]多くスポーツでは、学生やプロに対して、企業に所属する人(選手)または団体(チーム)を指していう。「社会人野球」「社会人の全国リーグ」
[類語]大人おとな大人だいにん成人成丁せいてい成年丁年ていねん壮年一人前分別盛り訳知りアダルト壮丁壮者おじさんおじちゃんおっさんおっちゃん親父おじん父ちゃん坊やおばさんおばちゃんおばん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android