コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョホールバルの歓喜 ジョホールバルノカンキ

デジタル大辞泉の解説

ジョホールバル‐の‐かんき〔‐クワンキ〕【ジョホールバルの歓喜】

マレーシアジョホールバルで1997年11月16日に行われたサッカーのワールドカップW杯)フランス大会アジア第3代表決定戦で、日本代表がイラン代表に勝利し、翌年開催される本大会への初出場を決めたことを指すことば。→ドーハの悲劇
[補説]試合は2対2でゴールデンゴール方式による延長戦(前後半各15分)に突入。日本代表は後半13分に決勝のゴールを決めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ジョホールバルの歓喜の関連キーワードバウデイール ビエイラドーハ補説

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョホールバルの歓喜の関連情報